カートをみる 会員ページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

カフェインレス・アイスコーヒー(無糖)



カフェインレス・アイスコーヒー イメージ

カフェインレスコーヒーのドリップカフェはカフェイン97%除去しています


品種により多少の違いはありますがコーヒー豆のカフェイン含有量は1.1〜1.7%ほど。
97%除去すると、カフェインの含有率は0.1%以下となります。

季節限定でアイスコーヒーをご用意しました。カフェインレスでありながら風味豊かですっきりとしたアイスコーヒーをお楽しみいただけます。

コーヒーは飲みたいけれどカフェインが気になる方にぜひおすすめです。

【カフェインレスブレンドの味の特徴】
カフェインレスならではのブレンドを完成させました。まろやかな口あたりと香りを最大限に引き出し、通常のレギュラーコーヒーでは出し得ないソフトでクリアーな味に仕上がりました。


●カフェインレス・アイスコーヒー1本:1000ml(無糖タイプ)


カフェインレス・アイスコーヒー(無糖)

価格:

702円 (税込)

[ポイント還元 7ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

安全でおいしいカフェインレス(デカフェ、ノンカフェイン)コーヒーをご注文後に自家焙煎し全国発送!コーヒー専門店金沢屋珈琲店からカフェイン含有率0.1%以下のカフェインレス(デカフェ、ノンカフェイン)コーヒーを全国へ通販発送いたします。

コーヒーのカフェインは体に悪いのか?
私はコーヒーを販売している者として「カフェインは良い事はたくさんあっても悪い事は無い」と思っていますが、ただどんな物でも取りすぎは問題です。
妊娠中の方や体質的に敏感で夜眠れなくなってしまう方など、健康のことを考えている方は、コーヒーは好きで飲みたいけどついつい気を使っています。
特に妊婦さんは、赤ちゃんに少しでも悪い影響があるかもしれないものはなるべく避けたくなるのが親心でしょうね。
『カフェインは妊娠中の赤ちゃんに悪い』と思われている方、実は過敏にカフェインを意識しなくても構わないようです。



《 チョット調べてみました 》

一般に胎児に影響がないとされているカフェインの量は、1日300mgだそうです。
コーヒーカップ1杯を140mlとすると、それに含まれているカフェインは56mg程度になりますので、単純計算で1日3杯までなら余裕をもって大丈夫だと言えます。
この計算だと、1日5杯をこえるカフェイン量を妊娠初期に飲み続けると胎児に悪い影響を与える可能性があるそうですが、カフェインが胎児に与える影響は、まだ科学的にはっきりしていないことが多くあるそうです。
ただ味の面でも不満だし、カフェインレスコーヒー(デカフェ)はどのようにしてカフェインを抜いているのかと逆に心配に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
日本ではコーヒーからカフェインを除去する方法に

水だけによる除去法二酸化炭素による除去法との2種が主流です。
・水による除去法=スイスウォータープロセス抽出法
・二酸化炭素による除去法=液体二酸化炭素抽出法または超臨界二酸化炭素抽出法

どちらも安全に抜く方法として知られていますが、どちらが美味しいのかとなると好みが分かれます。当店ではどちらの方法を使ったカフェインレスコーヒーもご用意いたしておりますので、飲み比べてお選び頂ければ幸いです。

1703decafe_main_002-2.jpg


ページトップへ