カートをみる 会員ページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

モカ・イリガチェフ(200g)


モカ・イリガチェフ説明01

モカ・イリガチェフは、コーヒーの起源といわれるエチオピアのイルガチャフェ地区の高地で採れる、ウォッシュドコーヒー(水洗処理)です。

《モカ・イリガチェフの味の特徴》

高地産特有の甘みの透き通るような爽やかな酸味と、柑橘系のフローラルなアロマが特徴の
コーヒーです。

味の比較表はこちら


モカ・イリガチェフの味の目安“荒さの目安"


モカ・イリガチェフ(200g)

価格:

1,350円 (税込)

[ポイント還元 13ポイント~]
豆の形状:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


↓↓↓ 同一銘柄のまとめ買いはこちらがお得です♪ ↓↓↓

金澤屋珈琲店のコーヒー豆はまとめ買いがお得です! 金澤屋珈琲店のコーヒー豆はまとめ買いがお得です!
     
モカ・イリガチェフ/500g(250g×2袋)
価格: 定価3,375円10%割引!3,038円
豆の形状:
購入数:
モカ・イリガチェフ/1kg(250g×4袋)
価格: 定価6,750円10%割引!6,075円
豆の形状:
購入数:




モカ イリガチェフ (ウォッシュド)

地 域: エチオピア、シダモ州、イルガチャフェ地区
業 態: 小農家(ガーデン・コーヒー)
標 高: 2,000-2,200m
グレード: 欠点数0.3以内 G1
収穫期: 9月~12月
スクリーン: 14up 92%
加工方法: 水洗式
乾燥方法: 天日乾燥
輸送/保管方法: リーファーコンテナ/定温倉庫(15度設定)

Oromiya Coffee Farmers Cooperative Union
 ※1999年1月創設。エチオピア全土のコーヒー生産地に展開する協同組合であり、Oromiyaとはエチオピアに存在する民族の名前である。実際にOromiya族による経営が行われている。
Sidamo/Harar/Djimmah/Lekemptiのエリアに展開。非水洗式ではDjimmahを得意とし(全生産量の60%)、水洗式では、Sidamo/Yirgacheffe地区を得意としている(全生産量の30%)Union傘下に35の支部農協を抱え、各農協が農家を統括している。組合人員23,691人の巨大な組織。農協の管理に基づきロットごとで、どの農家から集荷されたかトレースできるシステムを構築中である。

【味の特徴】

甘みのある透き通るような爽やかな酸味と、柑橘系のフローラルなアロマが特徴です。
ぜひお試しください。

モカ・イリガチェフ 産地風景


mocka_s.gif



“チャート表”

モカ・イリガチェフ(200g)

価格:

1,350円 (税込)

[ポイント還元 13ポイント~]
豆の形状:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

こちらもおすすめ!

キリマンジャロ・イロンバ(200g)

1,220円(税込)
タンザニアの素晴らしいキリマンジャロ・コーヒー。「キリマンジャロ・イロンバ」はタンザニア南部のソングウェ地区にあるウモジャイロンバ農協のコーヒーで、きれの良い柑橘系の軽やかな酸がありながら、北部産にみられるような重厚感も持ち合わせているコーヒーです。

コスタリカ ドン・オスカル農園(200g)

1,480円(税込)
メープルシロップのような香りにグレープやリンゴを思わせる爽やかな酸味がジューシーに広がります。
後味には熟した桃やチェリーの芳醇な甘さが持続し、まるで爽やかさとまろやかさをあわせ持ったロゼワインの様な素晴らしい味わのシングルオリジンコーヒーです。

マンデリン・トバブルー(200g)

1,400円(税込)
《インドネシア・スマトラ島より直輸入》マンデリン トバブルーは、インドネシアで最も信用のあるパワニ-社より、マンデリンの最高級コーヒー豆を買付ています。味・香り